タグ別アーカイブ: Skype

【メモ】Skype アカウントに関するあれこれ


Skype アカウントがMicrosoft アカウントに統合されて久しいですが、最近気づいたことをいろいろとまとめてみます。

—-

【Skype アカウントの削除】

Microsoft アカウントとの統合前は、Skype アカウントはWeb画面からの削除ができず、サポートに連絡して削除してもらう手続きが必要でした。しかし、Microsoft アカウントと統合された後は、Microsoft アカウントが削除されるとSkypeのユーザー検索にヒットしなくなります。(自分のMicrosoft アカウントを削除して確認)。なお、Microsoft アカウントの削除手続きをしてから、実際にアカウントが削除されるまで60日の猶予期間があり、その間はSkypeのユーザー検索に表示されます。

【Microsoft アカウントとSkype名】

SkypeアカウントにはもともとユーザーIDに相当する「Skype名」がありました。昔はSkype名を(重複しない前提で)自由に設定できましたが、現在ではすでにSkype名を指定してアカウントを作成できなくなっています。

また、既存のSkype アカウントをMicrosoft アカウントと統合する際に、Skype名がどうなるかは、いくつかのパターンがあります。

1)既存のSkypeアカウントと、別のMicrosoft アカウントを統合した場合
→既存のSkype アカウントのSkype名が、統合したMicrosoft アカウントと紐づけられ、そのまま利用できます。

2)既存のSkypeアカウントに対して、新規のMicrosoft アカウントを作成して統合した場合
→1)と同様、既存のSkype名をそのまま利用できます。

3)Skypeアカウントを用意せず、既存のMicrosoft アカウントでSkypeにログインした場合
→「live:*****」というSkype名が自動的に割り当てられます。

ここで3)では、メールアドレスの名前部分が割り当てられていました。例えばメールアドレスが「username@outlook.jp」(※このアドレスは仮のもので、私は所有していません)だった場合、Skype名は「live:username」となり、同じSkype名がある場合は「live:username_1」「live:username_2」……となっていました。

しかし、最近作成した新しいアカウントにおいて、3)のパターンで「live:」の後ろにランダムな文字列が割り当てられる場合がありました。発生条件は不明ですが、Microsoftとしては長期的にSkype名を廃止し、Microsoft アカウントをSkypeのIDとして利用するよう誘導したいのかもしれない雰囲気を感じました。

—-

というわけで、Skype名が自動で割り当てられてしまう(それもランダムに)状況では、自分好みのSkype名が設定されているアカウントは大事にしたほうがよさそうです。

Skypeのグループビデオ通話が無料で利用可能に


Skype、グループビデオ通話の無料提供開始 – プレミアムサービス不要に (マイナビニュース)

インターネット通話サービスSkypeのグループビデオ通話が4/28以降無料で使えるようになったそうです。Skypeの英語版ページには

Now it’s free to get everyone together on the same video call.

と記載されていますね。

image

日本語版ページでも、Skype Premiumの変更についてということでグループビデオ通話の無料化がアナウンスされています。

image

従来Skypeで3任意上のグループビデオ通話を行う場合は、メンバーの誰かがSkype Premiumである必要がありました。これが理由でGoogleのハングアウトなどに乗り換えた人も多いのではないでしょうか(自分もそうです)。それでも相手によりSkypeを使わなければならないことは多いため、この変更はうれしいところ。

docomo-Twitter/EvernoteとKDDI-Facebook/Skype


KDDIとFacebookの協力関係構築について (KDDI)

5/17のau by KDDI新機種発表に合わせて、KDDIとFacebookの協力関係構築についても発表がありました。まずスマートフォンアプリの「jibe」におけるFacebookの使い勝手向上、新機種「INFOBAR A01」へのFacebookウィジェットプリインストールあたりから始まり、今後はau oneポータル、音楽、ショッピングなどでFacebookのソーシャルグラフを活用してサービスを提供するようです。

5/13にdocomoとTwitterが戦略的提携を発表したとき、「個人的にはFacebookがどこと組むかに注目しています」なんて書いてしまいましたが、意外と早く相手が決まってしまった印象です。これで記事のタイトルに書いたように、

docomo:Twitter、mobage、Evernote
KDDI:Facebook、GREE、Skype

のような感じになり、携帯電話事業者とインターネットサービス事業者の提携が一層目立ってきています。docomoとKDDIの提携がなんとも相似になっている感じが面白いですね。

さてSoftBankはどうするでしょう。言わずと知れたYahoo! Japanを傘下に持つSoftBank、mixi連携の「ソーシャルフォン」を他社に先行して出すなどの動きもありましたが、SoftBankですからもっと大きな提携に期待したいところ。Google?? Microsoft??