SoftBank」タグアーカイブ

ソフトバンク通信関連4社が合併! 「Y!mobile」は存続というがMNPはどうなる?


ソフトバンクモバイルを存続会社としてソフトバンクBBおよびソフトバンクテレコム、ワイモバイルの4社が4月1日に合併!移動通信サービスは「ソフトバンク」と「Y!mobile」の2ブランドに (S-MAX)

※タイトルは単なる疑問提起で、この記事に答えは記載されていません。

既報の通り、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコム、ソフトバンクBB、ワイモバイルの4社が4/1から合併するそうです。存続会社はソフトバンクモバイルになります。固定電話、携帯電話、インターネットなど、ソフトバンクグループの通信サービスを提供する各社が集約されることになります。

「SoftBank」「Y!mobile」の各サービスブランドは存続するとのことですが、素朴な疑問としてMNPはどうなるんでしょうかね。運営会社が同じならばMNPではなく契約変更になるのでしょうか。

ソフトバンクのプリペイド、「シンプルスタイル」に統合へ


プリペイドサービスの名称を「シンプルスタイル」に変更 (SoftBank)

ソフトバンクのプリペイド携帯電話はフィーチャーフォンの「プリモバイル」とスマートフォンの「プリスマ」が存在していましたが、11月下旬よりこれらを統合して「シンプルスタイル」とするそうです。

ニュースリリースには旧プリスマのパケット定額サービスを割り引くサービスが紹介されていますが、気になるのは旧プリモバイルの扱い。プリモバイルにパケット定額とかつけられても何の役にも立たないので、今までの料金体系が維持されるとみていますがいかに。

#プリモバイル回線2本維持しているのでちょっと気になる

iPhone 6 / 6 Plus、SoftBankオンライン予約画面の速度にビックリ


ソフトバンクオンラインショップ (SoftBank)

9/12に予約開始されたAppleの新スマートフォン「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」。自分はSoftBank機種変更でiPhone 5から変えようと思い予約しましたが、この時のソフトバンクオンラインショップの設計がすごいなと感じたのでメモ。

My SoftBankでログインか何かするのかなと思ったら、おもむろに下のようなページが表示されて、

image

「機種変更」をクリックすると次は下のような画面になって、

image

機種(iPhone 6 or iPhone 6 Plus、容量)と色を選んで電話番号を入力し「上記の内容にて決定」をクリックすると確認画面もなくいきなり確定されてしまいました。My SoftBankでのログインとか支払い手段の選択とかもなし。自分は予約開始直後(9/12 16:00)直後に操作しましたがWebサイトが重くなることもなく、あまりにもあっけなく処理が完了して「へ?」となってしまいましたw。同じ時間帯にauはオンラインショップサイトが落ちていたのと対照的です。

おそらくSoftBankは、これ専用に比較的軽い(本当に入力内容を保存だけして何もしないような)Webサイトを用意していたのではないでしょうか。認証とか電話番号確認とか確認メール送信とかの時間がかかる処理を極力省き、とりあえず受けるだけ受けてしまって、あとで何とかしようという意図を感じました。短時間で大量のトランザクションをさばかなければならないWebサイトを作るときに、この考え方はアリだなとiPhone 6そっちのけで考えてしまったのです。

本当に受け付けられているのか怪しいくらい一瞬で処理が終わったのですが、あとでMMSに確認メールが着いていたので、とりあえず正常には受け付けられている様子。さていつ入手できるかなと。

通話定額プランへようこそ(まだ通話してませんが)


何をとち狂ったかSoftBankとauのプランを通話定額にしてみたのですが、申し込んだのが月末(8/31)だったので、今月適用に間に合うか微妙な感じでした。

結果としてSoftBankも、

image

auも、

image

無事通話定額プランが適用されていました。これで夢の(?)通話定額ライフが始まるのですが、考えてみたらそんなに電話しないやw。両社のVoLTE対応を待ちながら、ぼちぼち電話の活用方法を考えてみようかと思います。

auとSoftBankの通話定額プランをついに導入


今日は8/31、明日から9月ということで、携帯電話のプランを見直してみました。ポイントは最近各社が導入した音声通話定額プランを以下に安価に導入するかですね。

自分はdocomo、au、SoftBank、Y!mobileの4回線持ちなのですが、今回は(対外的に音声通話を使っている)auとSoftBankを見直し。それぞれデータ通信量は最低の2GBを選択。自分の場合結構な割合で端末がWi-Fiにぶら下がっており、複数台をとっかえひっかえ使っていたりすることもあって、実績値ベースで2GB/月どころか1GB/月も行かないんですよね。結局以下のような感じになりました。

【au】
カケホとデジラ(データ定額2)の導入により、月々の支払いが6,593円→6,124円(見込み)

【SoftBank】
スマ放題(小容量)の導入により、月々の支払いが5,511円→5,582円(見込み)

SoftBankは微増、auは微減となりました。SoftBankは変更前のパケット定額が期間限定の5,200円/月だったり、auは端末保障やauスマートパス分を含んでいたり、端末割引(月月割、毎月割)の額が違っていたりするので単純比較はできませんが、とりあえずデータ通信量を犠牲にして通話定額を手に入れて同程度の料金といったところでしょうか。

docomoは当面旧プランを維持。新プランにしないと端末割引(月々サポート)が受けられないという話がありますので、次の機種変更の時に考えます。

余談ですが今回の検討過程において、自分は結局音声通話も携帯電話データ通信もあまりしていないんだなと気づきました。これならMVNOで十分?