Ubuntu」タグアーカイブ

Google Chrome for Linux


Google Chromeの新ベータ版がバージョンアップしたと同時に、Mac版・Linux版がベータ扱いで提供開始されました。で、早速自宅のLinux(Ubuntu 9.10)に入れてみたのですが…。

screenshot1 
screenshot2 

問題なく起動することはするのですが、フォントが間延びした感じになってしまいます。IPAフォントを指定しても同じく間延び。設定項目でフォントをいろいろ選択しなおしてみましたが、かろうじてVLゴシックが間延びしなかった程度です。個人的な好みでIPAフォントで使いたいのですが…。

Ubuntu 9.10


Ubuntu 9.10 リリース (Ubuntu Japanese Team)

ubuntu910

LinuxディストリビューションUbuntuの最新版9.10が10/29にリリースされています。うちでサーバーとして稼動していた9.04から、アップデート・マネージャで特に何も考えることなくアップデートすることができました。最近のLinuxは(設定ファイルをごにょごにょいじっていなければ)GUIから自動的にアップデートすることができるのがとっても楽チンですね。

Atom × VMware ESXi 4.0 × Ubuntu9.04


image

昨日(7/4)Atom自宅サーバーのVMware ESXiを3.5から4.0にバージョンアップしましたが、ESXi 3.5の時にインストールしたUbuntu9.04がESXi 4.0上でも元気に動いております(当たり前かw)。

ESXi 3.5の時は、UbuntuのGUI操作が固まる(プチフリのような感じで)現象があり、少々使いづらかったのですが、ESXi 4.0になって少し改善されたような気がします。マシン自体が非力なのでアプリの起動などはしんどいですが、メニューの操作など基本的なところは問題なしです。

Ubuntu9.04のPHP環境にAPCを入れてrep2を高速化


Ubuntu9.04環境上に2chビューア「rep2」を入れて自分用に運用していますが、少しでもレスポンスがよくならないかと思案の末、APC (Alternative PHP Cache) というのをインストールしてみました。APCはPHPの実行時に生成される中間コードをキャッシュして再利用するので、レスポンスの改善が期待できます。

Ubuntu9.04の場合、都合よく「php-apc」というパッケージがあるので、それをapt-getでインストールすれば基本的なセットアップは終了ととってもお手軽。phpinfoで「APC」の項目があればAPCが有効になっています。

で、肝心のrep2のレスポンスですが、なんとなく速くなったかな~という感じです。rep2の場合、通信にかかる時間がレスポンス時間の割合の多くを占めると考えられるため、キャッシュの効果は限定的なのかもしれません。それでも少しでも速くなったのでよしということで、もう少しこの環境で使ってみようと思います。

Ubuntu Netbook Remixを試す


最近にわかにUbuntuづいているのですが、9.04と同時にリリースされた「Ubuntu Netbook Remix」を試してみました。画面が小さいNetbook向けに専用のランチャを用意しているのが特徴で、起動イメージを書き込んだUSBメモリから起動できます(もちろんHDDにもインストールできます)。

残念ながら私はNetbookの類を保有しておらず、USBメモリから起動できるノートPCも手元になかったため、とりあえず自分のデスクトップPCで起動してみました。

Screenshot

画面は1920×1200です。なんという解像度の無駄遣いwww。アプリが常に全画面で起動するのがWindows Mobileっぽくて面白いなと思いました。確かに画面の小さいNetbookでは、下手にマルチウインドウができるよりも常に全画面になったほうが使い勝手がいいかも。Netbookを持っていたらぜひ使ってみたいような内容でした。

#OSが入っていない(その分安い)Netbookとか売ってないかな…