タグ別アーカイブ: Visa

MUFG VIASOカードがVISAからMastercardにお引越し


mufg_viaso_001

VIASOカード」は、三菱UFJニコスがNICOSカードブランドで発行しているカードですが、もともとは(現在はMUFGカードにブランド統合された)UFJカードブランドでした。その時からののホルダーには今でも統合後のMUFGカードブランドで「MUFG VIASOカード」として発行が続けられています。公式には案内されていない「裏カード」といえます。

さらに、もともとMUFG VIASOカードの国際ブランドはVISAだったのですが、2017年3月をめどにMastercardに切り替えるという連絡が来ました。カード番号が変わり、再審査も行われるので、切り替えというよりは事実上の再発行です。

これをきっかけにいろいろと変わるようで、以下が案内されています。

・カードデザイン変更
・ポイント優遇オンラインショップを「VIASO eショップ」から「POINT名人.com」に変更
・Mastercardの「Priceless Japan」の利用開始

利用者の手続きは特に必要ありません(ただし、再審査の結果発行されない可能性もあり)。新カードへの移行を希望しない場合は、その旨をはがきで知らせるよう案内されていますが、その場合は現在カードの有効期限でサービス終了となります。

カード番号が変わることで気になるのが、毎月の引き落としをしているサービスへのカード番号変更手続き。以下事業者は手続き不要(自動引継ぎ)と案内されています。それ以外については、引き落とし不能が発生しないよう、新カード発行直後速やかに変更手続きをする必要があります。

mufg_viaso_002(マウスクリックで拡大表示)

個人的には、国内でのApple Payを最大限活用できるMastercardを1枚調達しようと思っていたので、まさに渡りに船という感じです。余談ですが、NICOSのVIASOカードも、いつの間にかMastercardオンリーになっていたんですね。昔はVISAだった?VISAもあった?ような。

Visaデビットカードブーム到来?


JNB Visaデビット (ジャパンネット銀行)

image

ジャパンネット銀行が、12/2以降に発行されるキャッシュカードをVisaデビット機能一体型に変更しました。既存のキャッシュカードについても無償でVisaデビット機能一体型に交換してもらえます。私も交換してもらいましたが、とりあえずエンボスレス(数字の部分が盛り上がっていない)であることを除けば普通のカードでした。

念のために説明:デビットカードとは、銀行残額の範囲で利用可能なクレジットカードライクな決済手段。クレジットカードがあとから引き落とされるのに対し、デビットカードは決済が発生したその場で銀行残額から引き落とされます。

日本ではキャッシュカードそのもので決済するJ-Debitというものがありますが(それほど使われている感じではないですが)、Visaデビットカードは仕組み上はVisaのクレジットカードのように見える(一部例外あり)ため、より多くの店舗で利用できるのが魅力です。最近になって選択肢が増えてきたように思います。

スルガ銀行 VISAデビット
楽天銀行デビットカード
三菱東京UFJ-VISAデビット
りそなVisaデビットカード

クレジットカードを使いたくないという人にとっての代替選択肢として非常に使い勝手が良いサービスではないでしょうか。カードフェイス的には三菱東京UFJが好みですが、年会費とるのか……。