Walkman」タグアーカイブ

ウォークマンのノイズキャンセルが耳に合わない


多分自分だけなのでしょうが、今日(1/6)から本格投入したウォークマン「NW-M505」に搭載されているノイズキャンセル機能が今一つ合わない感じです。

walkman

部屋の中とかで使っていると環境音の低減効果がすごいのですが、電車や外で使っていると耳が詰まったような変な感じになってしまいます。左右の音の位相が合っていないような印象も受けますが、本当のところはよくわかりません。

結局ノイズキャンセルはオフで使うことにしました。もともとこの手の音楽プレーヤーを使うときには「背景音と音楽を一緒に聞く」ことに(個人的に)慣れているのでむしろ快適だったり。

【買った】スマホ連動ウォークマン


SONY ウォークマン Mシリーズ 16GB ブラック NW-M505/B (Amazon.co.jp)

walkman


(画像はAmazon.co.jpにリンク)

名刺入れに引き続き、新春散財が続いております。出退勤時間はいままでNexus 7 (2012)からBluetoothヘッドセットで音楽を楽しんでいたのですが、最近2.4GHz帯の混雑からか音とぎれが激しくなり困っていました。やはり有線でつながっているものが一番確実だろうと。

この機種NW-M505はスマートフォンと組み合わせて使うことが考慮されており、自身が16GBのメモリオーディオプレーヤーであると同時に、Bluetoothヘッドセットとしてスマートフォンにも接続できるようになっています。すでにS-MAXでは紹介記事が出ていますね。

スマートフォンと繋がるウォークマン「NW-M505」を購入!Xperia Z1とともに1週間使って分かった魅力を写真を交えて解説【レビュー】 (S-MAX)

NFCを内蔵していてスマートフォンにタッチするだけでペアリングができたりと、スマートフォンの周辺機器としてもなかなか興味深い機器です。以下メモ的にずらずらと。

1) NFCによるペアリングはAndroidの標準機能ではないようで、Nexus 7 (2012)では機能しなかった(Xperia Zでは機能した)。
2) 相手になるBluetooth機器は複数登録可能。自分はNexus 7 (2012)、iPhone 5、Xperia Z (SO-02E)の3台をペアリングした。
3) 音楽プレーヤーと電話で別の機器をペアリング可能。音楽をNexus 7 (2012)、電話をiPhone 5とペアリングして確認。

Bluetoothの用語でいうと2) は「マルチペアリング」ということになります。3) はまずNexus 7側で「携帯電話の音声に使用」を無効にしたうえでiPhone 5→Nexus 7の順で接続すると実現できます。いわゆるマルチポイントではありませんが、うまく活用すればそれなりに便利そうです。

実運用の開始は仕事始めの明日(1/6)からということになりますが、自宅で試した限り音楽の音質もBluetooth接続より良好で(当たり前ですが)、ノイズキャンセルの効きにも期待が持てそう。実運用が楽しみです(仕事は憂鬱ですがorz)。

月が変わったからケータイのカタログなど集めてみる


今日から10月ということで、携帯電話各社のカタログを集めに行ってきました。

docomoは「10月」カタログ。トップトピックは先だって発表されたXiタブレット2機種でした。当然ながらスマートフォン新製品は掲載なし。

image

KDDIも「10月」カタログ。スマートフォン冬モデルがトップに掲載されていますが、実際にスペックなどが記載されているのは10/7に先陣を切って発売される「HTC EVO 3D」と「MOTOROLA PHOTON」のみ。

image

SoftBankは発表が最近だったせいか機種カタログが更新されていませんでしたが、速報扱い的に新機種を紹介する2つ折りのカタログがありました。比較的発売時期が近いモデルのみが掲載されているようです。

image

オマケ:ウォークマンのカタログ「2011.9-②」には、Android搭載モデル「Z1000シリーズ」が掲載されていました。ヨドバシ札幌では既に予約可能の様子。

image

冬商戦を彩る新製品がぼちぼち明らかになってくる頃ですね。こういうご時世ですから、魅力的な新製品が人々を元気にしてくれることを望みたいです。

Sonyの今度のウォークマンはAndroid搭載


音楽・映像・多彩なアプリケーションを高音質で楽しむAndroid™搭載で楽しみが進化する“ウォークマン”Zシリーズ 新登場 (Sony)
ウォークマンZシリーズ (Sony)

以前より登場が予告されていたAndroid搭載音楽プレーヤー「ウォークマン」ですが、今回Zシリーズとして正式に発表されました。12月発売予定です。

image

Android端末として見ると、搭載OSはAndroid 2.3、画面は4.3インチ液晶(480×800px)、ハードウェアではGPSや加速度センサー、ソフトウェアではAndroid マーケットにも対応し、携帯電話機能がない以外はほぼフルスペックの様子【追記】カメラがないという基本的なところを書き忘れていました。全然フルスペックじゃないじゃん…。CPUにデュアルコアのTegra2を搭載するなど、Xperiaを上回るスペックも期待できそうです。

携帯音楽プレーヤーとしてもフルデジタルアンプ「S-Master MX」や、周囲の騒音をカットするデジタルノイズキャンセルなど、音質に考慮した機能が備わっています。

あえて言えば携帯音楽プレーヤーとしては4.3インチ画面は少々大きすぎるのでは…と思わなくもないですが、Androidのユーザー層を広げるアイテムとして注目したいです。モバイルWi-Fiルーターやテザリング対応の従来型携帯電話との組み合わせとか良さそうですね。

細かいところで言えば、画面下部キーの配置がXperiaと一緒(左:戻る、右:メニュー)になっているのはやはりソニーグループといったところでしょうか。その割には画面サイズとかCPUとか、Xperiaのリソースを流用した気配はあまりないんですよね。同じグループなのに開発リソースが分散しているようでちょっと勿体無い感じです。

個人的にはいつものパターン「欲しい…!けど使い道がない…!」な状態ですw。そんなに音楽漬けでもないですし、たまに音楽聞きたければそれこそスマートフォンを使えばいいので。

auのWalkmanケータイ


au携帯電話の新ラインナップとして、スーパーコンパクトボディで音楽を本格的に楽しむ「Walkman® Phone, Xmini」を発売 (KDDI)

p_besshi_01

秋冬モデル発表会の時に予告されていた「3回目の発表」ですね。この携帯電話は、基本Walkmanで、携帯電話機能がおまけについていると考えるとそのコンセプトが理解しやすいと思います。

で、その前提で見てみると、個人的には普通に(メモリータイプの)Walkmanをちょっと厚くして携帯電話をくっつけたようなデザインだったらよかったのに…と思いました。

NW-S730F_series

掲載の写真は現行WalkmanのNW-S730Fシリーズですが、これと全く同じデザインで、スライドしてテンキーボードが出てくるような感じがよかったかなと。

それにしてもこの携帯電話、Sportioと何となくかぶるものを感じますね。コンセプトを絞りまくっている点や、1台目の携帯電話としてはちょっと厳しそうなところもよく似ています。ちょっと期間が過ぎたら安売り端末にならないことを願うばかりです。