WebM」タグアーカイブ

HTML5の動画コーデックはブラウザとは別にダウンロードするのが今風?


Microsoft、Google Chrome向けにHTML5のH.264動画再生拡張機能を公開 (Impress)

HTML5におけるH.264のサポートを止めて「WebM」推進を明確にしたGoogleのWebブラウザChromeに対して、MicrosoftがH.264を使えるようにするプラグインを提供開始しました。MicrosoftはすでにFirefoxに対しても同じようなプラグインを提供しています。

一方のWebM陣営は、SafariとIE9向けのプラグインを提供予定。結局のところはHTML5のvideoタグを快適に使うためにはどちらかのプラグインが必要ということになりそうです。

#だったらFlashだって同じ条件だよね…
#プラグイン不要というHTML5の当初の志はどこに…

「WebM」はHTMLの標準ビデオフォーマットになるか?


Google、オープンなWebビデオフォーマット「WebM」を発表 (ITmedia)

次世代のHTMLである「HTML5」では、それ単体でビデオを再生することができる<video>たぐがありますが、ブラウザがどの動画フォーマットに対応するかは未定義でした。候補としてH.264とOgg Theoraがありましたが、H.264はライセンス料がかかる可能性が懸念され、オープンソースのTheoraは効率が良くないというジレンマがありました。

そこに現れたGoogle、買収したOn2の「VP8」をビデオコーデックに、オープンソースの「Vorbis」をオーディオコーデックにしたフォーマットを「WebM」としてオープンソース、ロイヤリティフリーで公開しました。このフォーマットにはGoogleはもちろん、MozillaやOperaが賛同しており、それぞれのベータ版ブラウザでの対応が始まっています。Microsoftも公式ブログでサポートを表明しています。あとはAppleが対応してくれればといったところでしょうか。iPhoneで使えないなら片手落ちでしょうからね。

ともあれ<video>タグで共通に使えるビデオフォーマットが決まれば、HTML5の活用も加速していくのではないでしょうか。今後の動向が楽しみです。