タグ別アーカイブ: WiMAX

【読書】体系的に学ぶWi-Fi/3G/4G/LTE/WiMAX:内容はともかく構成が体系的でないかも


体系的に学ぶWi-Fi/3G/4G/LTE/WiMAX (Amazon.co.jp)

タイトルの通り、最近の無線通信技術を概観し体系的に説明する内容になっています。携帯電話やタブレットのようなデジタルガジェットに興味があり、かつ通信技術のことをあまり深く知らない人にとっては良い内容です。ガジェクラの皆さんにはもう知った内容かもしれません。初版が2015/1/21なので、auのキャリアアグリゲーションやau VoLTE、802.11acの1.3Gbps、LTEの700MHz帯など比較的最近の内容が記載されています(さすがにSoftBank系4社合併やWiMAX 2+の新定額プランには言及されていません)。

ちょっと気になったのは、通読すると同じ内容が複数回登場すること。切り口が違うとはいえテザリングは最初と最後に、OFDMやQAMについてはWi-Fiと携帯電話通信の章で、それぞれ2回登場しています。同じ図が2回使われているばしょもあり、全体的に冗長感があります。複数のライターで執筆を分担した可能性は理解できますが、「体系的」をうたうならば全体をもう少し整理してもよいのではと感じました。

なお、自分が読んで気になった記述を以下に列挙します。

・「チャネルンディング」(P78)
→「チャネルンディング(Channel Bonding)」の誤り。索引でも「」ンディングになっている。

・802.11acとiPhone 6が規格上1300Mbpsで通信できるという記述(P84-85、P29)
→iPhone 6にはアンテナが1本しかないので433Mbpsが上限。この旨追記がある場合もあるが、そもそも追記ではなく最初から433Mbpsのみを記述するのが妥当かと。P29の図では「iPhone 6が11acで1300Mbpsで通信できる」としか読めない記述になっており完全にアウト。

・3Gと3.5Gの記述混乱(P142)
→「3Gの最大速度は7.2Mbps~そのため3.5Gが導入」のような記述がありますが、7.2MbpsはHSDPAの速度で、すでに3.5Gに分類される。この論調にしたいのならば384kbps(W-CDMA)または144kbps(cdma2000)を3G速度とするべき。

・インターネットメールのプッシュ配信(P183)
→IMAPの「通知」モード(=IMAP IDLEのことと思われる)に言及されていますが、Gmail、Outlook.com、iCloud.comがすべてIMAP IDLEでプッシュを実現しているように読めてしまう。少なくともOutlook.comはExchange ActiveSyncのはず。あとこれは間違いではないのだが、ここまでいうならiOSやAndroidのプッシュ通知(APNs、GCM)に触れてもよかったかも。

ただこの手の本は多少の記述ミスがあっても鮮度のほうがより大事だと思います。その意味で2014年末までの内容を反映しているこの本の速報性は見事だと思います。

WiMAX 2+のサービスエリアは「できるところ」から展開?


サービスエリア (UQ WiMAX)

UQコミュニケーションズのデータ通信サービス「WiMAX 2+」がついに札幌にやってきました!直近のエリアマップはこちら。

image

…とりあえず準備ができた基地局から電波を吹いてみましたという感じですね。北区役所近辺なんて明らかに1箇所の基地局から放射状に電波が出ているし。札幌駅がエリアから外れているのも機材の都合なのでしょうね。10月末までにはそれなりにエリアが広がるようなので楽しみです。

UQの「WiMAX 2+」が札幌に来るのは7月


サービスエリア (UQ WiMAX)

UQコミュニケーションズの次世代WiMAXサービス「UQ WiMAX 2+」。現在は東名阪でサービスされていますが、2014年7月末までには札幌にもやってくるようです。地図のピンク色のところがWiMAX 2+の予定エリアとなります。

image

当初は中心部のみですが、それでも楽しみにしたいところ。au夏モデルのWiMAX 2+搭載スマホで使いたいなと。

UQ、「WiMAX 2+」を2013年10月末開始、当初下り110Mbps、2017年には1Gbps超へ


UQコミュニケーションズに2.5GHz帯BWA追加割当認定!TD-LTE互換のWiMAX 2+で2017年には1Gbpsサービス実現へ (S-MAX)
2.5GHz帯新規周波数割当てに伴うWiMAX 2+サービスの提供開始について (UQコミュニケーションズ)

2.5GHz帯の新周波数帯(20Mbps)を用いて2013年10月末に「WiMAX 2+」を開始。最初は下り最大110Mbpsからスタートし、通信方式の拡張や使用帯域の拡大で2017年には下り1Gbpsを超えるサービスを目指すとのこと。端末はWiMAX 2+と従来WiMAXのデュアルモードが提供されるようですが、TD-LTEとの互換性があるWiMAX 2+ですから、TD-LTEオンリーの(たとえばauの)スマートフォンが乗り入れてくることは容易に想像できますね。

実際に1Gbpsが出るわけではもちろんないでしょうが、1/10の100Mbpsくらいは安定して出るようにならないかなあと。それにしても移動系がここまで増速されると、固定系(光ファイバーサービス)にも何かブレークスルーがほしいところですね。(現状の1Gbps共有ではなく)1Gbps占有とかでもいいから。