タグ別アーカイブ: Windows 7

【メモ】Windows 7のネットワークが遅い事象に対するチューニング


自宅で使っているWindows 7マシン2台(64bitと32bit)のネットワークがどうも遅い(10Mbps以下、ひどい時には5Mbps以下)。最初はフレッツ側の混雑かとも思ったのですが、比較用に立ち上げたLinuxマシンでは20Mbps前後の通信速度(11gの無線LAN配下なので妥当な速度です)。これはWindows 7側の問題だなと。そこで年末年始で時間もあることだし、Windows 7マシンのネットワークチューニングにトライ。まず参考にしたのは以下の情報。

Windows 7 (X64)本格導入しました(ハードウェア編) (Asyutaru’s House)

Windows 7の1個前のOSであるVistaから、ネットワークの自動チューニング機能が導入されており、それが悪影響を及ぼしているのではという考察です。対応法として自動チューニングの程度を変更する以下のコマンドを、管理者モードのコマンドプロンプトから実行。

netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted

変更後はざっくり17Mbpsくらい出るようになったので、とりあえずこの状態でしばらく様子を見てみることにします。

【メモ】Windows 7で検索インデックスとSubversionが衝突する問題


会社のPC(Windows 7 Professional 64bit)が、最近毎朝起動するたびにディスクチェックが入るようになり、「買ったばかりなのにもうディスクが寿命?」とか思ってしまったのですが、バージョン管理システム「Subversion」を使い始めたことと関係がありました。

こちらの情報によると、「Windows 7で検索用のインデックスが作られるフォルダ(ユーザーフォルダなど)にプロジェクトを置いてSubversionを使うとファイルシステムエラーが発生し、次回起動時にチェックディスクが起こる」という事象のようです。私の場合、Subversionを使うプロジェクトをユーザーフォルダから別のフォルダ(インデックス対象外)に移動することで、問題を解決することが出来ました。

ファイルシステムエラーが発生するとSubversionで管理しているプロジェクトのファイルが欠損するなど、何のためにバージョン管理システムを使っているのかわからない状態が発生します(私がそうでしたorz)。Windows 7で開発される方はご注意を。

2009年を振り返ってだらだら書いてみる(その3)


だらだら書いてみるその3は、PC・インターネット関係のトピックを

Windows 7リリース

PC関係で今年最大のニュースはこれだったかなと。リリースは10/22でしたが、それ以前からベータ版・RC版・Enterprise評価版と使ってきていたので、正式版を手にした時点ですでに新鮮味がなくなっていましたがw。現在自宅で2台のPCがWindows 7で稼働しています。概ね快適です。

メインマシンリプレース

上記Windows 7に備えて、メインのデスクトップPC(の中身)を、Pentium4システムからPhenom II X4システムにまるごとリプレースしました。メモリもどーんと8GB搭載し、64ビットOS仕様により広大なメモリ空間を手に入れました。そんなマシンの普段の利用形態はほとんどネットなので相当マシンが遊んでますがw、速いマシンというのはやはりいいものです。

IMEに新風が

言うまでもなく「Google日本語入力」と「Baidu Type」のことです。Baidu Typeはイロモノ感が否めませんが、Google日本語入力は今後の辞書の熟成によりメイン環境でも使えるのではという位の完成度です。この記事もGoogle日本語入力で書いていますが、だいぶ私の癖を覚えてくれたようで快適です。この動きを受けて、ATOKやMS-IMEにも頑張ってほしいですね。

メインブラウザに迷う

完全に個人的な話なのですが、Mozilla Firefoxが長文のコピペで変な空白が入るという事象を見つけてしまい、それをきっかけにGoogle Chromeを試したところ、今度はGmailの自動保存で日本語入力がキャンセルされるという事態に直面し、結局両方を併用するということで落ち着きました。できればChromeに完全に乗り換えたいところなのですが、今しばらくの時間が必要です。

Twitterクライアントに迷う

これはつい最近の話ですが、FirefoxプラグインのEchofonから、紆余曲折あって「Saezuri」に落ち着きました。

無料ウイルス対策ソフトの台頭

avastやAVGなどは昔から有名でしたが、2009年はPanda Cloud AntivirusやImmunet Protect、Microsoft Security Essentials、Avira AntiVirの日本語版など、無料ウイルス対策ソフトの選択肢が一気に広がった年ではないでしょうか。特にMicrosoft Security Essentialsは「純正」安心感がある意味反則でw、私も自宅で愛用させていただいています。

—-

PC・インターネット関係は、ニュース事態はいろいろあるのでしょうが、自分に関係したことは意外に少ないなと。趣味の対象ではなく道具的な扱いになってきているのかもしれません。

さて大晦日の午後、やることもなくだらだらと書いてきましたが、ぼちぼち紅白迎撃モードに入りたいと思います。ワンセグで紅白を見たり、NHKニュースで規制の状況を確認したり、年越のタイミングで各社の通信状況を確認したりと、ケータイ趣味的にも年に1度の盛りだくさんな一時です。

MoneyLookがWindows 7 64ビット版に正式に対応したらしい


Windows 7 について (MoneyLook)
MoneyLook利用環境について (MoneyLook)

複数の銀行やクレジットカードのオンラインサービスにアクセスして情報を集約してくれるソフト「MoneyLook」。私も便利に使わせていただいています。Windows 7のリリースと前後して行われたアップデートにより、今までも不自由なくWindows 7(64ビット版)でMoneyLookを使えていましたが、ベンダー側での動作確認が終了して正式にWindows 7(32ビット、64ビット)がサポートOSになったようです。

なお64ビット版についてはこんな但し書きが。

Windows 7 64bit版に関しましては、32bit互換モード(Wow64)上で動作します。
64bitネイティブ対応はしておりませんのでご注意下さい。(※)
Windows XP 64bit版、Windows Vista 64bit版につきましては、サポート対象外となります。(※)

Windows 7の64ビット版は32ビット互換モードで動くけれどもサポート対象、XPとVistaの64ビットはサポート対象外ということですね。個人的には互換モードだろうと何だろうと動いてくれればそれでOKです。Windows 7の64ビット版をメイン環境にするにあたって最大の懸念だったMoneyLookの対応が正式に行われたことで、より快適なPCライフをエンジョイできそうです。

Windows 7環境構築完了!


image

Windows 7がリリースされた10/22の夜からはじめて、今日(10/24)までにデスクトップ(Phenom II X4 945+785G)とノート(NEC LaVie RX LR500/B)の2台のPCに普段使いのソフトをインストールし、環境構築が完了しました。

なんというか、ベータ→RC→Enterprise評価版と使ってきているので、製品版を使っていて特に真新しい感じがしないのがなんとも。デスクトップにProfessionalの64ビット版、ノートにHome Premiumの32ビット版をインストールしたのですが、やっぱり4GBオーバーのメモリがすべて認識される64ビット版は使っていて気持ちがいいです。ノートのほうはメモリが1GBそこそこなので32ビット版ということで。

エクスペリエンスインデックスは、デスクトップが4.5、ノートが2.0でした。両方ともWindows Aeroのデスクトップパフォーマンスがボトルネックになっていますが、Webブラウザ中心の普段使いにはまったく支障なし。快適に使えています。

ここしばらくベータ版やら評価版やらでつないできましたが、ようやく正式バージョンが手に入ってひと段落です。当面はこの環境で不満のない快適なPCライフを送れそうです。