タグ別アーカイブ: WordPress

WordPressの記事投稿をMastodonに反映してみる


ブログに記事を投稿するとTwitterに更新通知をツイートするというのをMastodonでもやりたくて、いろいろ情報を探したところ、以下の記事がヒット。

MastodonとWordPressをとりあえず連携してみる (LINKBAL Engineer’s Blog)

ソースコードがGitHubに公開されているので、記事に書かれている通りに設定して、更新通知をMastodonにトゥートできました。

ただ、5/5現在のソースコードでは「新しい記事が公開されました!」という固定文言が更新されるようです。個人的には記事のタイトルが投稿されるとうれしいので、mastodon-for-wp.phpをちょっとだけ調整。 もともとこうなっていた記述を

$t->PostStatuses("新しい記事が公開されました!\n"
.get_permalink($post_id));

こうしてみました。

$t->PostStatuses(get_the_title($post_id)."\n"
.get_permalink($post_id));

タイトルを投稿しないようにしたのは何かの理由があるかもしれないので、ご利用は自己責任でお願いいたします。

WordPressのSearch Regexプラグインで、過去投稿の画像URLをhttpsにしてみた


将来的にSSL化する見立てだけはつけておこうというわけで、

Search Regex (WordPress)

過去投稿などの一括検索・置換を行うプラグインです。「http://~」のようにプロトコルを含むURLを一括で変換できます。

image

とりあえずブログの画像(wp-content/uploads配下)はhttpsにできたのですが、記事に埋め込んだAmazonアソシエイトとかがいやらしい感じです。もう過去分は捨てるしかないと思われます。

Windows Live Writerがオープンソース化「Open Live Writer」


Open Live Writer

image

ブログを書くときにはずいぶん昔から「Windows Live Writer」を使ってきました。使いやすいエディタ画面や画像機能(コピペで自動縮小されるのが地味にうれしい)など、当ブログの歴史はWindows Live Writerとともにあったといっても過言ではないほど。最近はすっかり更新されなくなってしまい先行き不安でしたが、このたびオープンソース化されて「Open Live Writer」となりました。

直近は英語版のみがダウンロードできるようですが、ともあれソースコードが公開されたことで最悪使い続ける手段は提供されたわけでうれしい限り。ソースコードを流用した他プラットフォーム版も期待したいところです。

【年末年始の自由研究】スマートフォン向けブログテーマをBootstrapで作りかえてみた


blogtheme_bootstrap

先日Android版Firefox向けに調整したばかりの当ブログモバイルテーマですが、一から作り替えてみました。

従来のモバイルテーマはjQuery Mobileベースだったのですが、jQuery Mobile自体が少々重装備なのと、テーマファイルのベースが自分で作ったものではないためメンテナンスしづらいという問題がありました。そこで今回WordPressテーマや流行ライブラリの勉強を兼ねて、Bootstrapを用いてスクラッチで作ってみました。とにかく形にすることを優先して、画面デザインの多くはBootstrapのデフォルトそのままです。デフォルトのままでもそこそこきれいに見えるのがBootstrapの魅力ですね。

ブログ記事が読めるというレベルの基本的なところは問題ないはずです。ところどころ表示がおかしいところもあるかもしれませんが、それはおいおい直すということで。

【今さら】WordPress 4.0


WordPress 4.0 “ベニー” (WordPress)

ずいぶんブログをほったらかしにしているうちにWordPressが4.0にアップデートされたようですw。日常に追われてしまうとこういうニュースを見逃してしまいますね。反省。

さっそく本ブログを含め、WordPressで運用している複数Webサイトをアップデートしてみました。特に問題ない感じ。

上記紹介記事によると、WordPress管理画面のメディア一覧やコンテンツ編集機能が改善されたようですが、Windows Live Writerで記事を書いている自分にはあまり関係ないですねw。

というかMicrosoftはWindows Live Writerを今後も改善するつもりあるのだろうか、そちらのほうが心配だったりします。