タグ別アーカイブ: WPtouch

WordPressプラグイン「WPtouch Pro」を買ってみた


WPtouch Pro (BraveNewCode)

WordPressブログをiPhoneやAndroidなどスマートフォンに対応させるプラグイン「WPtouch」。1.9.xまでは無料提供されていましたが、2.0からは1ライセンス29ドルの有料商品になりました。現状1.9.xで不満があったわけではないのですが、AdMobの広告を出せるという点に興味を惹かれて購入してみました(結局AdMob機能は使うのを止めてしまいましたが…)。

こちらが管理画面です。さすが料金をとるだけあって設定項目は豊富。複数のテーマを切り替えて使える機能は便利そうです。

image

肝心の広告対応は、AdSenseとAdMobの排他対応(つまり両方同時には出せない)。ただし1.9.xでは個別記事にしか広告が出ませんでしたが、2.0では広告の掲載範囲を設定することができ、トップ画面を含めたすべての画面で広告を出すことが可能です。これと似たことをするためにテーマファイルに手を入れていた(しかもバージョンアップごとにdiffを取ってマージ作業をしていた)ので、これだけで料金を払ったかいがあるかなと。

で、こちらが実際にiPhoneで表示した画面。テーマをほとんどカスタマイズしていないのであまり見栄えしませんねw。ちなみにWPtouch Proは日本語対応していますが、肝心の日本語訳の品質がいまいちなので、私は英語にして使っています。

IMG_0887

結局のところ私の場合、「AdSenseの広告を全ページに出せる」という点だけに29ドルを払ったことになりますw。せっかく料金を払ったので、それなりに使いこなしていこうとは思いますが、今日のところはこのへんで。

iPhone対応したAdSenseに合わせてWPtouchをカスタマイズ


本ブログのiPhone版はWordPressのiPhone用プラグイン「WPtouch」で実現していますが、しばらく放置状態だったので少し整備してみました。

iPhoneに対応したGoogle Adsenseに合わせて画面レイアウトを変更してみました。

IMG_0147

デフォルトではタイトルの下にある「Tags」「Categories」をタイトルの上に移動し、タイトルの下に広告を配置しました。いじったファイルはWPtouchプラグイン配下のthemes/defaultフォルダにあるheader.phpとstyle.cssです。

またWPtouchが標準で持っているAdSense機能は、AdSense自体がiPhoneに対応したことによりデザインが崩れるようになったので使用を停止しました。

広告がページになじんでいい感じになり、個人的に大満足です~。

Ktai StyleとWPtouchがOpera Miniを取り合ってエラーになる件について


当ブログでは、携帯電話向けのページを生成する「Ktai Style」と、iPhone向けのページを生成する「WPtouch」を導入しているのですが、Opera Miniは線引きが微妙なポジションのようでw、2つのプラグインがそれぞれコンテンツを変換しようとしてエラーになっていました。

#ご指摘ありがとうございます->なははさん

対応策として、WPtouch側でOpera Miniが対象外になるようソースコードを変更しました。具体的にはwptouch.phpのdetectAppleMobileメソッドにおいて、

 
$useragents = array(		
	"iphone",  			 // Apple iPhone
	"ipod", 			 // Apple iPod touch
	"aspen", 			 // iPhone simulator
	"dream", 			 // Pre 1.5 Android
	"android", 			 // 1.5+ Android
	"cupcake", 			 // 1.5+ Android
	"blackberry9500",	 // Storm
	"blackberry9530",	 // Storm
//↓コメントアウト
//	"opera mini", 		 // Experimental
//↑コメントアウト
	"webos",			 // Experimental
	"incognito", 		 // Other iPhone browser
	"webmate" 			 // Other iPhone browser
);

のような対応としました。この件はプラグインの食い合わせのようなもので、どちらのプラグインが悪いというわけではないので、責める先が見つからず結局動作確認を怠った自分が悪いという感じでなんともかんとも

WordPressのiPhone向けプラグイン「WPtouch」1.9.2リリース


WPtouch (BraveNewCode)

WordPressでiPhone向けページを生成するプラグイン「WPtouch」の最新版1.9.2がリリースされています。

1.9でいったん使えなくなったAdSenseですが、1.9.1以降でまた使えるようになっています。便利便利。

WPtouch 1.9リリース


WPtouch (BraveNewCode)

iPhone向けに表示を最適化するWordPressプラグイン「WPtouch」の最新版1.9がリリースされています。Twitterに投稿するプラグイン「WordTwit」と同じ開発者さんですね。

IMG_0125 IMG_0126

うちの環境ではWordPressの自動アップデートを使った直後は管理画面が乱れていましたが、再度ファイルをダウンロードして置き換えたら直りました。WPtouchの問題ではなくサーバーがファイルを正しく反映できなかったのだと思います。

ところでWPtouchの前バージョン(1.8.9.1)には、ページ内にGoogle AdSenseを表示する機能があったのですが、1.9には見当たりません。どうしたことかと思ってサポートフォーラムをのぞいてみると、

Adsense was broken by Google, and we’re sifting through the new API and why they removed chunks of code we originally replied on. It’s been disabled in 1.9 and we’ll re-enable it once things are sorted out.

というわけで、要するに今までのコードでAdSenseが表示できなくなったので、代わりの方法が見つかるまでAdSense機能は使えないということのようです。

開発者の方にはじっくりと1.9系列を育ててほしいと思います。必要であればWordTwitのように、また怪しい英語でバグレポート書きますよw。