タグ別アーカイブ: Xperia

祝2年使用! Xperia Z(SO-02E)


xperia_z

2013年2月に購入したNTTドコモのXperia Z(SO-02E)ですが、2015年2月で2年を迎え、月々サポートの適用がなくなりました。2年前の機種ということになりますがそれほど型落ち感もなく、それなりに現役で使えているのはAndroidとしてはすごいなと。

この機種はAndroid 4.1でリリースされたのち4.2にアップデートされ、現状で4.4まで提供されている恵まれた機種でした。思うにOSアップデートさえそれなりに提供されればそれなりに長いこと使えるほどにはハードウェアが成熟してきたのではないかと。

ぶっちゃけそろそろ次に機種変更したいのですが、食指が伸びる機種がありません。この夏モデルで700MHz帯+LTE-Advanced対応機種が出てきたら考えようかと。

Xperia Z(SO-02E)が802.11acにこっそり対応してる?


image

今日気づいたのですが、Xperia Z(SO-02E、Android 4.4アップデート済み)を802.11acのWi-Fi APに接続すると(自分が確認した限り)最大325Mbpsでリンクします。スペック上はIEEE802.11a/b/g/nまでの対応で、しかも上記はアンテナ1本のホテルルーター(BUFFALO WMR-433)とのリンクなので、802.11nまでの理論最高は150Mbpsのはず……。

Xperia Z1やZ Ultra(これらは802.11ac対応を正式にうたっている)の最高リンク速度が325Mbpsという情報もあるので、どさくさに紛れてSO-02Eも対応したのか、表示だけの問題なのでしょうか。

ようこそNexus 5、お疲れ様Xperia arc


nexus_5

昨日(11/15)、EMOBILEからNexus 5が発売されたのでdocomo(Xperia arc SO-01C)からMNPで乗り換えてきました。

思えばXperia arcの発売は2011年3月24日。すでに2年半が経過しています。プリインアプリを全部アップデートしたらストレージ容量が足りなくなってしまうという状態が、発売時に想定できなかったAndroid界隈の環境変化を感じさせます。ここ最近は(自分の端末ラインナップの中で)一線を退いていましたが、それでもAndroid 2.3環境のテスト機としてここ一番の活躍を見せてくれる心強い存在でした。

MNP転出によりモバイルデータ通信を奪われたXperia arcを、そっとフルリセットしました。今後は持ち歩き端末ラインナップから外れますが、Android 2.3のリファレンス機として何かと使われることもあると思います。機会があればMVNOのUSIMを入れてみたいとか思ったりしています。

さて一方のNexus 5。最新Android 4.4(KitKat)にLG G2譲りの狭枠大画面、薄型ボディ。さすがに最新端末といった感じで、Xperia arcと並べると時間の経過を感じずにはいられません。ただ最新OSのせいかところどころ不安定なところがあり、アプリドロワーが何も表示されなかったり設定画面でフリーズしたりといったことがしばしばあります。今後の熟成に期待といったところ。EMOBILE(というかSoftBank)のネットワークは今のところ快適です。Android 4.4以降のリファレンスモデルとして長い付き合いになるかと思います。

#もう1台くらいあっても便利かもと思うのは病的ですねw。

Xperia ZにAndroid 4.2アップデート到来でまだまだ戦える!?


NTTドコモ、今春スマホ「Xperia Z SO-02E」にAndrod 4.2.2へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始 (S-MAX)

xperia_z_4.2_001xperia_z_4.2_002

Xperia Z SO-02Eは発売日にゲットしたクチです。発売時点ではAndroid 4.1がインストールされていましたが、このたび4.2.2へのアップデートが提供開始されました。

4.2になってロック画面にGoogle Nowが表示できたり何かと便利になっていますが、何よりステータスバーの透明感が何とも言えず。全体にリフレッシュされた感じです。この冬モデルの多くがいまだ4.2.2でリリースされることを考えると、Xperia Zもまだまだ戦えそうな雰囲気。

スマホと組み合わせて使うソニーの「レンズスタイルカメラ」、10/25発売


「レンズスタイルカメラ」を発売 (Sony)

すでに製品自体は発表されているソニーの「レンズスタイルカメラ」。通常のデジカメからボディ部分を取っ払って、プレビューや操作はスマートフォンで行うことを前提とした野心的な製品です。国内での発売が10/25に決まりました。

img_001

img_002

ラインナップは上位機種「DSC-QX100」と下位機種「DSC-QX10」。価格は双方ともオープン。

売れるかどうかはともかく、ソニーらしさが戻ってきた感じの製品ですね。いっそこのカメラに対応した単品ボディーも発売すれば合体デジカメのできあがりって本末転倒ですねw。